閉じる
Story 1

伊達政宗と仙台藩の文化

仙台藩を築いた伊達政宗については、
戦国大名として政治・軍事面での活躍は広く知られているところですが、
その一方で時代を代表する文化人でもありました。

上方に負けない気概で自らの“都”仙台を創りあげようと、
政宗は古代以来東北の地に根づいてきた文化の再興・再生を目指しました。
伊達家で育まれた伝統的な文化を土台に、
上方の桃山文化の影響を受けた豪華絢爛、
政宗の個性ともいうべき意表を突く粋な斬新さ、
さらには海外の文化に触発された国際性、
といった時代の息吹を汲み取りながら、
新しい“伊達”な文化を仙台の地に華開かせていったのです。

そして、その文化は政宗だけに留まらず、
時代を重ねるにつれ、後の藩主に、
さらには仙台から全国へ、
武士から庶民にまで、
さまざまな方面へ広がり、定着し、熟成を加えていきました。

Story1
伊達政宗と仙台藩の文化

閲覧数の多い構成文化財

お知らせ

平成28年度 文化庁「日本遺産」認定 政宗が育んだ“伊達”な文化

「“伊達”な文化」魅力発信推進事業実行委員会 (宮城県[公式HP]仙台市[公式HP]塩竈市[公式HP]多賀城市[公式HP]松島町[公式HP])
〒980-8570 宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県教育庁文化財保護課
Tel:022-211-3683